{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

販売期間
2021/07/08 00:00 〜 2021/07/21 22:00

【アーカイブ視聴チケット】第八回 長唄三味線の音色・『菖蒲浴衣』他楽器解説等

¥1,800 税込

※こちらはダウンロード商品です

yojiro3rd_20210714.pdf

602KB

販売終了しました

※こちらはPDFファイルのダウンロード販売です。故に、チケット等の郵送はいたしませんので購入時に住所のご入力は不要です。 ※「hello@stores.jp」からのメールを受信できることをご確認のうえ、ご購入ください。パソコンからのメールを受信しない設定などにしている場合には、メールが届かずダウンロードできません。ご注意ください。 https://youtu.be/IvrHSs36sgU ↑前回「第七回 長唄三味線の音色」のダイジェスト動画です。 2021年7月14日(水)20:00から無観客ライブ配信より、長唄三味線方の柏要二郎さん、そしてゲストには福原流笛方の福原寛さん、唄方の杵屋佐喜さんの御二人をお迎えして、長唄の演奏と皆さまからのご質問やご感想に答える時間を設けた、およそ90分の番組をお届けします。 ライブ配信後、7月21日(水)24:00までアーカイブをご覧いただけます。 ■■■ 第八回 長唄三味線の音色『菖蒲浴衣』 <ご挨拶> 皆様こんにちは。 三代目 柏 要二郎です。 今回は福原流笛方 福原寛(ふくはらかん)さん、そして唄方 杵屋佐喜(きねやさき)さんをゲストにお迎えします。 三味線及び唄以外の演奏家をゲストにお招きするのは今回が初めてとなります。 私自身がファンでもある福原寛さんをお招きし、美しい音色を奏でる笛の世界にも目を向けてみようと思います。 前半は、福原寛さんに笛についての解説をしていただきつつ、三味線との聴き応えある合奏も予定しています。 そして後半は、杵屋佐喜さんにご登場いただき、夏にふさわしい長唄『菖蒲浴衣』を一挺一枚、そしてお笛一管による演奏をお送りします。 また、暑さが厳しい季節になって来た事も踏まえて、今回は出演者一同、浴衣で登場します!! ぜひ見た目にも涼しげな配信演奏会をお楽しみください!! 長唄三味線方 三代目 柏 要二郎 <演目> 『菖蒲浴衣(あやめゆかた)』 他楽器解説等 <ライブ配信日時> ・ライブ配信  2021年7月14日(水)20:00~21:30(終演予定) ・アーカイブ視聴チケット販売  2021年7月21日(水)22:00まで ・アーカイブ視聴期限  2021年7月21日(水)24:00まで <タイムテーブル予定> 20:00 開演 ご挨拶・出演者紹介 20:10 楽器解説、合奏    『菖蒲浴衣』演奏 21:00 演奏終了 21:10 三味線楽屋ばなし 21:30 終演 <出演者プロフィール> ・三味線方 柏要二郎(かしわようじろう) 一般社団法人長唄協会会員 長唄柏流同門会常任理事 尾上菊五郎劇団音楽部 1983年(昭和58年)東京生まれ。 父は三代目柏伊三郎(かしわいさぶろう)。 5歳の時に今藤文子師に入門し手ほどきを受け6歳で初舞台を踏む。その後20数年にわたり同師に指導を受ける。 19歳の時に今藤美治郎師に入門し本格的に長唄三味線方としての修行を始める。 平成15年10月歌舞伎座にて行われた十二代目市川団十郎丈・四代目尾上松緑丈の『連獅子』にて柏誠一を名乗り歌舞伎座初出演。 平成16年4月柏流同門会より柏要二郎の名を許され、同年5月歌舞伎座にて行われた「十一代目市川海老蔵襲名披露興行」の『勧進帳』に出演。また同年10月同襲名披露興行パリ公演にも参加。 これを皮切りに四代目坂田藤十郎丈による「近松座韓国公演」、十二代目市川団十郎丈・十一代目市川海老蔵丈による「パリオペラ座公演」にも参加し、20代前半で3度の海外公演を経験する。 二代目柏伊三郎・九代目坂東三津五郎は祖父に、十代目坂東三津五郎は叔父に、二代目坂東巳之助は従兄弟にそれぞれあたる。 柏要二郎 公式ウェブサイト https://www.kashiwayojiro3rd.jp/ ・福原流笛方 福原寛(ふくはらかん) 四世宗家寶山左衛門師(六代目福原百之助 人間国宝)に手ほどきより師事 師より福原寬の名を許される 1990年 東京藝術大学 音楽学部音楽科 卒業 1992年 同大学院修士課程 修了 歌伎や日本踊会などの古典を中心とした演奏活動のほか、NHK古典鑑賞会、国立劇場主催公演などの企画公演に出演、また能楽と歌舞伎囃子の融合を目指す三響会にも初回から出演。 他ジャンルの演奏家(インドバンスリーの巨匠ハリプラサード・チャウラスィアー氏、サムルノリの金徳珠氏、オイリュトミーの笠井叡氏など)や、語りや朗読とのコラボレーションなど様々な演奏表現にも積極的に参加。 1999年 第2回ジョイントリサイタル「笛と唄と」にて名古屋市民芸術祭審査員特別賞受賞  2004年 アテネオリンピック・シンクロナイズドスイミング日本チームテーマ曲の演奏 2005~2006年 十八代目中村勘三丈襲名披露興行に出演 その後、六代目中村勘九郎丈襲名披露公演や四代目市川猿之助丈襲名披露公演等に出演 横笛「苑の会」主宰 福原寛ホームページ http://fuefuki-kan.mods.jp/ ・唄方 杵屋佐喜(きねやさき) 1983年東京生まれ。 江戸時代より続く長唄佐門会家元・七代目杵屋佐吉の次男。 6歳で国立大劇場にて初舞台。 長唄を人間国宝・杵屋佐登代、今藤尚之に、三味線を祖父・五世杵屋佐吉、田島佳子に師事。 玉川大学芸術学科、声楽専攻卒業。 声楽を藤原歌劇団テノールの市川和彦に、ピアノ・作曲をピアニストの仲野真世に師事。 第11回アジアクラシック音楽コンサート新人賞受賞。 2002年父の前名である佐喜の名を三代目として襲名。 現在、長唄の唄方として全国各地の演奏会、歌舞伎公演、日本舞踊会、NHK『にっぽんの芸能』他、テレビ、ラジオに出演多数。『市川海老蔵 Grand Japan Theater NY・カーネギーホール公演』『平成中村座スペイン公演』他、ブラジル、韓国、シンガポール等の海外公演へも参加。 劇団☆新感線『偽義経冥界歌』制作発表曲、黒木瞳主演『GURUになります〜平浅子と源麗華の一週間〜』挿入歌、BTUスクール校歌、新曲アニメーション『カレーライスの唄』などの作詞作曲も手掛ける。 また東京、静岡、長野を中心に門弟育成、全国各地で子ども、教員向けのワークショップを開催。音楽教科書の執筆、監修にも携わる等、長唄の普及活動にも積極的に取り組んでいる。 母方祖父は『七人の侍』等で知られる映画俳優の木村功。 杵屋佐吉オフィシャルサイト http://www.samonkai.com/ <視聴推奨環境> ・インターネットへの接続は、可能であれば無線(Wi-Fi)ではなく有線LANケーブルでのご利用をオススメします。Wi-Fiの場合は、5GHz帯(11a、11ac)のご利用を推奨します。インターネット環境や視聴端末についてのサポートはいたしておりません。ご契約のインターネットサービスプロバイダやご利用サービスの提供元へお問い合わせください。 ・端末内蔵スピーカーの音が小さい場合は、イヤホンやヘッドフォン、または外付けスピーカーのご利用をオススメします。 ■■■ レンタルのご案内 2020年に配信した「長唄三味線の音色」第5回~第7回をレンタルでご覧いただけます。 https://vimeo.com/ondemand/shamisennoneiro2020 ■■■ 視聴方法 ・ダンロードしたPDFに記載の視聴ページURL、もしくはQRコードより、視聴ページに移動してください。 ・配信開始時間になりましたらブラウザをリロードしてください。 ・再生後は、配信画面をクリックしてミュートを解除してください。 下記リンク先もご参照ください。 ▷ 「タケノワ座」オンラインイベントの視聴方法について・「竹ノ輪商店」編 https://takenowaza.net/news/2021-07-17.html ■■■ よくある質問 <お支払いについて> https://faq.stores.jp/hc/ja/sections/360001406272 <ダウンロード商品について> https://faq.stores.jp/hc/ja/sections/360001406312