{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2021/07/04 22:00 まで販売

第二回 歌舞伎をもっと観たくなる長唄三味線の世界【特別編】『新古演劇十種の内 土蜘』

¥1,800 税込

※こちらはダウンロード商品です

yojiro3rd_20210621z.pdf

689KB

販売終了しました

https://youtu.be/AvQNNTaxTcc ↑今回のダイジェスト動画です。 2021年6月21日(月)19:30より、無観客ライブ配信にて5月の歌舞伎座 第一部『新古演劇十種の内 土蜘』にて立三味線を勤められた長唄三味線方の柏要二郎さん、そしてゲストには、同じく脇三味線の杵屋長之介さん、立唄の芳村辰三郎さん、脇唄の杵屋長寿郎さんの御三方をお迎えして、長唄の演奏と皆様からのご質問やご感想に答える時間を設けた、およそ90分の番組をお届けします。 ■長唄三味線方 三代目 柏要二郎「第二回 歌舞伎をもっと観たくなる長唄三味線の世界【特別編】『新古演劇十種の内 土蜘』」 ライブ配信後、7月4日(日)24:00までアーカイブをご覧いただける予定です。 <ご挨拶> 皆様こんにちは。 三代目 柏 要二郎です。 早速ではありますが、来る6月21日(月)19時30分(開演)より「歌舞伎をもっと観たくなる長唄三味線の世界 特別編」をインターネット配信にて開催いたします。 この「歌舞伎をもっと観たくなる長唄三味線の世界」は、歌舞伎における長唄三味線の役割や仕事を紹介し、音楽の観点から歌舞伎鑑賞をより一層楽しんでいただこうという趣旨のもとに開催しています。 更に「特別編」では、演目を特定し、その演目における長唄三味線の聴き所やポイントを紹介するなど、より演奏にクローズアップした歌舞伎の楽しみ方を提供して参りました。 これまで『髪結新三』の黒御簾音楽を物語の進行に合わせながら紹介したこともあります。 今回は、その「特別編」として、私が「五月大歌舞伎」の第一部で立三味線を勤めさせて頂きました『土蜘』を演奏いたします。 『土蜘』のあらすじや聴き所を紹介しながら演奏を進行しますので、演目への理解がより深まることと存じます。 今回の演奏陣は、「五月大歌舞伎」の舞台で実際に立唄をお勤めになられた芳村辰三郎さん。同じく脇唄の杵屋長寿郎さん。そして脇三味線には、杵屋長之介さんと、五月大歌舞伎出演陣による演奏をお届けします。 五月の歌舞伎座にお越しいただいた方にはその舞台を思い出しながら、また残念ながらお越しいただくことが出来なかった方にはその舞台に思いを馳せながら、もちろんそのどちらでなくとも、この機会に長唄三味線の音色を、長唄を聴いてみたい!という方も大歓迎です。 ぜひ多くの皆様のご視聴をお待ち申し上げております。 三代目 柏要二郎 <演目> 『新古演劇十種の内 土蜘(しんこえんげきじゅっしゅのうち つちぐも)』 <ライブ配信日時> ・ライブ配信  2021年6月21日(月)19:30~21:00(終演予定) ・アーカイブ視聴チケット販売期限  2021年7月4日(日)22:00 ・アーカイブ視聴期限  2021年7月4日(日)24:00 <タイムテーブル予定> 19:30 開演 ご挨拶・出演者紹介 19:45 演奏 20:30 演奏終了 20:40 三味線楽屋話 21:00 終演 <出演者プロフィール> ・三味線方 柏要二郎(かしわようじろう) 一般社団法人長唄協会会員 長唄柏流同門会常任理事 尾上菊五郎劇団音楽部 1983年(昭和58年)東京生まれ。 父は三代目柏伊三郎(かしわいさぶろう)。 5歳の時に今藤文子師に入門し手ほどきを受け6歳で初舞台を踏む。その後20数年にわたり同師に指導を受ける。 19歳の時に今藤美治郎師に入門し本格的に長唄三味線方としての修行を始める。 平成15年10月歌舞伎座にて行われた十二代目市川団十郎丈・四代目尾上松緑丈の『連獅子』にて柏誠一を名乗り歌舞伎座初出演。 平成16年4月柏流同門会より柏要二郎の名を許され、同年5月歌舞伎座にて行われた「十一代目市川海老蔵襲名披露興行」の『勧進帳』に出演。また同年10月同襲名披露興行パリ公演にも参加。 これを皮切りに四代目坂田藤十郎丈による「近松座韓国公演」、十二代目市川団十郎丈・十一代目市川海老蔵丈による「パリオペラ座公演」にも参加し、20代前半で3度の海外公演を経験する。 三代目 柏要二郎 公式ウェブサイト https://www.kashiwayojiro3rd.jp/ ・三味線方 杵屋長之介(きねやちょうのすけ) 昭和53年5月東京都世田谷区生まれ。 祖母杵屋長伊三より手ほどきを受け、七代目杵屋巳太郎(現杵屋淨貢)、今藤美治郎に師事。 平成15年4月尾上菊五郎劇団入部。同年6月博多座、尾上松緑丈「土蜘」で歌舞伎初舞台。同年10月三代目杵屋長之介の名を許される。 平成26年10月錦秋名古屋顔見世、河原崎権十郎丈「車引」で初めて黒御簾の舞台師を勤める。 令和3年6月博多座、尾上菊之助丈「身替座禅」で初めて出囃子のタテ三味線を勤める。 ・唄方 芳村辰三郎(よしむらたつさぶろう) 十一代目吉村伊四郎の長男。 芳村伊十衛に手ほどきを受け、4歳で初舞台。 平成11年より芳村伊十七に師事し、芳村智明の名で長唄演奏家としての活動を始める。 平成15年に歌舞伎初舞台。 平成17年に五代目辰三郎を襲名。 「長唄むつみ會」同人。 現在、歌舞伎や舞踏会、演奏会等で幅広く活動を行っている。 ・唄方 杵屋長寿郎(きねやちょうじゅろう) 昭和58年生まれ。 平成15年4月歌舞伎『慣ちょっと七化(みなろうてちょっとななばけ)』にて歌舞伎初舞台。同年10月二代目杵屋長寿郎の名を許される。 <視聴推奨環境> ・インターネットへの接続は、可能であれば無線(Wi-Fi)ではなく有線LANケーブルでのご利用をオススメします。Wi-Fiの場合は、5GHz帯(11a、11ac)のご利用を推奨します。インターネット環境や視聴端末についてのサポートはいたしておりません。ご契約のインターネットサービスプロバイダやご利用サービスの提供元へお問い合わせください。 ・端末内蔵スピーカーの音が小さい場合は、イヤホンやヘッドフォン、または外付けスピーカーのご利用をオススメします。 ■ レンタルのご案内 2020年に配信した「長唄三味線の音色」第5回~第7回をレンタルでご覧いただけます。 https://vimeo.com/ondemand/shamisennoneiro2020 ■ 視聴方法 ・ダンロードしたPDFに記載の視聴ページURL、もしくはQRコードより、視聴ページに移動してください。 ・配信開始時間になりましたらブラウザをリロードしてください。 ・再生後は、配信画面をクリックしてミュートを解除してください。